ジンクスは心の持ちよう

ジンクスは心の持ちよう

ジンクスは心の持ちよう

ピアノの発表会のとき、お友達が「今日はお天気が曇なのよね、私曇のときは失敗する、っていうジンクスなんだ、あなたはどう?」と、全く知らない人から言われて、私もそうかも・・・なんて思ってしまい、そのときの発表会はぼろぼろ。

運動会の日の朝、学校に行ってから、姉が、「あんた、今日は運動会のラッキーカラーじゃないジャン」という一言。その前年まで、私の勝手に決めていたラッキーカラーのピンクの靴下で運動会に出る、ということを行っていた私。

すっかりそんなこと忘れていたのに、思い出させてくれたもんだから、「今日はダメだ・・」と思い、二人三脚で大転倒・・・

考えすぎなんですよね。ジンクス、というのは、苦言にすればいいことで、何もそのことに振り回されなくてもいいのです。逆にジンクスが気になりすぎて、何もかも失敗、ということになってしまいます。

曇がダメ、ということは、人の話しですし、ピンクのラッキーカラーは何も靴下でなくてもハンカチでも鉛筆でも何でもいいのだ、と考えれば良かったのですよ。

ようは、心の持ちよう。ジンクスに振り回されず、そのジンクスを払拭するようなジンクスを考えてみれば、たくさんあるのですよ。

曇がダメでも、ピアノは室内だもの、関係ないよ!でいいと思うし、ピンクのアイテムはきっと、自分の持ち物に、何かしらあるのです。ジンクスに振り回されないこと。これも、大切。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional